アドビ、Web連載「フォトレタッチの極意32」更新

お知らせ2019年06月11日

アドビシステムズ株式会社が、Web連載「フォトレタッチの極意32」を更新しています。

今回は、「ダイナミックな明暗で平凡なイメージを打破する」です。

水辺の風景を例に、暗い林と対照的な「空や水面の明るさ」を印象付けるレタッチが紹介されています。

主な内容は以下の通りです。
レタッチの設計
1、水面の補正
(1)「トーンカーブ」を選択 (2)水面の露出を補正 (3)レイヤーマスクを塗りつぶす
(4)「ブラシツール」を設定する (5)水面の部分だけを補正する
2、空の補正
(1)「トーンカーブ」を選択 (2)空の露出を補正 (3)空の補正だけを残す
3、水面と空の色を補正
(1)「特定色域の選択」を選択 (2)青の深みを補正
4、全体の露出を補正
(1)「レベル補正」を選択 (2)全体の露出を補正 (3)「トーンカーブ」を選択
(4)雰囲気を再現する
5、白樺の白さを際立たせる
(1)「明るさ・コントラスト」を選択 (2)白樺の白さを出す (3)白樺付近の補正だけを残す
(4)各補正を微調整して仕上げ

詳しくはこちら>>

CONTACT お問い合わせ・ご相談

PC、プリンター、ネットワークの導入管理はセントラルグラフィックセンターにお任せください。
経験豊富なスタッフがお悩みに合わせて、ご対応いたします。

(052)950-3456
お電話でのお問い合わせ

お問い合わせをする
インターネットでのお問い合わせ

GROUP セントラルグループ

セントラル画材

セントラルプリントファクトリー