アドビ、「macOS 10.15 Catalina での Creative Cloud パッケージの既知の問題」公開

お知らせ2019年10月11日

アドビシステムズ株式会社が、「macOS 10.15 Catalina での Creative Cloud パッケージの既知の問題」を公開しています。

主な内容は以下の通りです。
・ダウンロードされたパッケージの隔離ビットの問題
・パッケージ展開時の問題
・Creative Cloud Packager の問題
・CC 2018 以前のアプリケーションの問題

詳しくはこちら>>

アドビ、「デザインシステムでアニメーションを扱う!後編」公開

お知らせ2019年10月10日

アドビシステムズ株式会社が、「デザインシステムでアニメーションを扱う!後編」を公開しています。

デザインシステムにアニメーションを項目として含める大きなメリットである時間節約を享受するには、実際にそれをどのように実装するのかについての詳細な記載が必要です。
「実装のガイドライン」の項目は、アニメーションの実装に関して「何を」「どのように」といった疑問に答えるための記述です(実際の項目名は様々ですが)。
この項目の目標は、デザインシステムを使用する人が、よくできたデフォルトとして使用できるものを提供することです。
そうすれば、アニメーションを扱うたびに様々な調整に時間をかけることなく、提供されるデフォルトを使用して制作を進められます。
大幅な時間節約だけでなく、UIアニメーションに全体的な統一感を持たせる効果もあります。

主な内容は以下の通りです。
・実装のガイドライン
・再生時間
・イージングカーブの種類
・基本のイージング関数
・イージングの優先度
・利用開始の条件
・効果
・それ以外の場所に記述する場合

詳しくはこちら>>

アドビ、「デザインシステムでアニメーションを扱う!前編」を公開

お知らせ2019年10月09日

アドビシステムズ株式会社が、「デザインシステムでアニメーションを扱う!前編」を公開しています。

デザインシステムにはさまざまな形や規模のものがありますが、すべてのデザインシステムがアニメーションに関するガイドラインを含むわけではありません。
もちろん、制作物にモーションに関する方針は不要と判断したチームもあるでしょうが、何を含めるべきなのかを明確にできないまま、モーションが省略されているケースもあるでしょう。

この記事では、デザインシステムに、どのようにモーションについてのガイドラインを盛り込めばよいかが紹介されています。

主な内容は以下の通りです。
・アニメーションを扱う理由
・対話から始める
・他のデザインシステムを参考にする
・モーションのガイドラインにおける2つの主要な項目
・モーションの原則

詳しくはこちら>>
...1011121314...203040...

CONTACT お問い合わせ・ご相談

PC、プリンター、ネットワークの導入管理はセントラルグラフィックセンターにお任せください。
経験豊富なスタッフがお悩みに合わせて、ご対応いたします。

(052)950-3456
お電話でのお問い合わせ

お問い合わせをする
インターネットでのお問い合わせ

GROUP セントラルグループ

セントラル画材

セントラルプリントファクトリー