Apple、A14 Bionicチップを搭載した最新のiPad Airを発表

お知らせ2020年09月16日

Appleが、新しいiPad Airを発表しています。

より大きな10.9インチのLiquid Retinaディスプレイでオールスクリーンのデザインを特長とし、アップグレードされたカメラとオーディオ、トップボタンに内蔵された新しいTouch IDセンサー、そして大幅にパフォーマンスを向上させたパワフルなA14 Bionicを搭載して、これまでで最もパワフルで高機能なiPad Airとなっているとのこと。

詳しくはこちら>>

悪質なディープフェイク動画へのクリエイティブな対策

お知らせ2020年09月15日

アドビ株式会社が、「悪質なディープフェイク動画へのクリエイティブな対策 | アドビUX道場」を公開しています。

現在「ディープフェイク」は、人工知能によって作成された、有名人を含む個人を偽装した映像コンテンツを指す言葉として使われます。

2019年のData & SocietyのレポートDeepfakes and Cheap Fakesに、ブリトゥ・パリスとジョーン・ドノバンは次のように記述しています。「現在、エンジニア、議員、ジャーナリストたちは、ディープフェイクの役割を定めるための法的規制、機能デザイン、文化的規範を求めることで、このテクノロジーに対応しようとしています」

UXデザインコミュニティは、こうした目的をサポートするために結集しています。ファブリシオ・テシェイラは、2020年1月のUX Collectiveのコラムに「今後10年間、デジタル製品のデザイナーであり続けるために、透明性を考慮したデザインに取り組み、ユーザーに批判的な思考を促すことに注力する必要がある」と述べています。

しかし、ディープフェイクとの戦いにおける透明性とは実際のところ何を意味しているのでしょうか?また、社会のデジタルリテラシーを向上させられれば、ディープフェイクの温床となってきた世間を賑わすデマや確証バイアス(都合の良い情報を集めてしまう心理)を抑制できるのでしょうか?

詳しくはこちら>>

Premiere Rush 最新アップデート!

お知らせ2020年09月14日

アドビ株式会社のアプリ、Premiere Rushのバージョンが1.5.25となり、3つの機能追加やアップデートをしています。

今回のアップデートは、オートリフレームの追加とパンとズームの追加(iOS)、タイトルメニューの変更(iOS)です。

・オートリフレーム
今回のアップデートで、Premiere Proが先行して搭載していた「オートリフレーム」がRushに搭載されました。

・パンとズーム(iOS版)
リリース当初からリクエストを数多くいただいていたパンとズームがRushにやってきました。

・グラフィックメニュー(iOS版)
今までタイトルメニューとしてご提供していた機能が、よりわかりやすい表示のグラフィックメニューに変更になりました。

詳しくはこちら>>

CONTACT お問い合わせ・ご相談

PC、プリンター、ネットワークの導入管理はセントラルグラフィックセンターにお任せください。
経験豊富なスタッフがお悩みに合わせて、ご対応いたします。

(052)950-3456
お電話でのお問い合わせ

お問い合わせをする
インターネットでのお問い合わせ

GROUP セントラルグループ

セントラル画材

セントラルプリントファクトリー