フォントワークス、東京大学との共同研究報告 〜 AR環境下での文字情報提示手法の研究 〜

お知らせ2020年01月30日

フォントワークス株式会社が、東京大学と共同で、AR環境において効果的に文字情報を提示する手法と、各種情報提示の状況において適切と考えられるフォント特性を検証するため、「AR環境下での文字情報提示手法の研究」を実施したとのこと。

拡張現実感環境において文字情報を提示する際に、どのような観点からフォントを選ぶことが適切かが研究内容となっています。
最近ではAR環境も多様となっており、スマートフォンやタブレット端末を利用したものから、個人向けウェアラブル端末や車載のヘッドアップディスプレイを利用するものまで、その利用環境・対応端末は幅広くなっています。
そのため、AR環境において適切なフォントを選択するためには、まず、文字情報が提示される目的や状況を明確にしておくことが必要となります。

今回第一弾の研究として、AR環境において想定される情報提示に関して、文字の要素を様々に変化させた場合に、文字情報認知負荷がどう変化するかを調べることによって、AR環境での情報提示に有利な条件を明らかにするとのこと。

詳しくはこちら>>

アドビ、Adobe XD 2020年1月アップデートリリース!

お知らせ2020年01月29日

アドビシステムズ株式会社が、Adobe XD 2020年1月アップデートをリリースしています。

コンテンツに応じたレイアウト、強化されたXDプラグインAPIなど待望の機能が追加されています。

「コンテンツに応じたレイアウト」機能では、インテリジェントなレイアウト調整をワンクリックで実行し、仕事のスピードを遅らせるような面倒で手動に頼った操作を省いて、UIエレメントのデザインを支援します。

XDプラグインAPI(英語)も更新され、プラグインからカンバスへのアイコンのドラッグをはじめとするドラッグ&ドロップ操作がサポートされています。

詳しくはこちら>>

ミマキエンジニアリング、JFX500-2131 メディア対応厚50mm ⇒ 60mmへ 受注生産開始

お知らせ2020年01月28日

株式会社ミマキエンジニアリングが、LED-UV硬化フラットベッドインクジェットプリンタ「JFX500-2131」のメディア対応厚60mm(標準:50mm)モデルの受注生産を開始しています。

これにより、表裏にアルミ複合板やPVC板などを貼り合わせた規格50mm厚(実質52~53mm厚)のチャンネルボードへの印刷が可能になるとのこと。

詳しくはこちら>>

CONTACT お問い合わせ・ご相談

PC、プリンター、ネットワークの導入管理はセントラルグラフィックセンターにお任せください。
経験豊富なスタッフがお悩みに合わせて、ご対応いたします。

(052)950-3456
お電話でのお問い合わせ

お問い合わせをする
インターネットでのお問い合わせ

GROUP セントラルグループ

セントラル画材

セントラルプリントファクトリー