UXデザインにおけるデータドリブンとデータインフォームドの意思決定 | アドビUX道場

お知らせ2021年01月06日

アドビ株式会社が、「UXデザインにおけるデータドリブンとデータインフォームドの意思決定 | アドビUX道場」を公開しています。

いまどきのデジタルデザインに関して言えば、データ不足に悩まされることはないでしょう。最新の分析ツールとUXリサーチの手法を使えば、ユーザーについて、そしてユーザーがどのように製品やサービスを利用しているかについての貴重なデータを集めることができます。収集、分析、そして適切なデータの使い方は、良いユーザー体験をデザインするための糸口です。

データを考慮せず直感だけに頼るデザイナーは、効果的ではない解決案をつくり出して時間と資金を無駄にする危険を冒しています。しかしながら、あまりにデータを重んじると、革新的な解決案にたどり着く能力を制限することになりかねません。そこで重要になるのが、データドリブン(Data-Driven)とデータインフォームド(Data-Informed)の意思決定の使い分けです。この記事ではその答えに対するヒントを紹介されています。

詳しくはこちら>>

CONTACT お問い合わせ・ご相談

PC、プリンター、ネットワークの導入管理はセントラルグラフィックセンターにお任せください。
経験豊富なスタッフがお悩みに合わせて、ご対応いたします。

(052)950-3456
お電話でのお問い合わせ

お問い合わせをする
インターネットでのお問い合わせ

GROUP セントラルグループ

セントラル画材

セントラルプリントファクトリー