ユーザー体験に効果的な写真やグラフィックスの使い方 | アドビ UX 道場

お知らせ2021年06月02日

アドビ株式会社が、「ユーザー体験に効果的な写真やグラフィックスの使い方 | アドビ UX 道場」を公開しています。

「百聞は一見に如かず」ということわざにもあるとおり、イメージをひとつ配置するだけで多くを伝えることが可能です。競合との差別化、ブランド認知の向上、ユーザー体験の強化のために、これまでにないほどイメージは活用されています。写真やグラフィックスは強力な視覚的ツールとしてデジタル時代以前から使われ続けてきました。もちろんそこにはちゃんとした理由があります。

主な内容は以下の通りです。
・デザインにおけるイメージの役割
・イメージの種類
・イメージをデザインに組み込む
・写真または動画を使うべき場合
・イラストまたはアニメーションを使うべき場合
・イメージを使ったデザインのベストプラクティス
・ターゲットユーザーを考慮する
・ブランドガイドラインに従う
・適切な許可を取得する
・アクセシブルであることを確認する
・さまざまな画面サイズで確認する
・イメージを調達する

詳しくはこちら>>

CONTACT お問い合わせ・ご相談

PC、プリンター、ネットワークの導入管理はセントラルグラフィックセンターにお任せください。
経験豊富なスタッフがお悩みに合わせて、ご対応いたします。

(052)950-3456
お電話でのお問い合わせ

お問い合わせをする
インターネットでのお問い合わせ

GROUP セントラルグループ

セントラル画材

セントラルプリントファクトリー