お知らせ2021年05月01日

アドビ株式会社が、「充実のビデオコレクション! Adobe Stockのビデオ素材が2,000万点を突破」を公開しています。

Adobe Stockで提供しているビデオ素材コレクションの本数が、このたび2,000万本を超えました。1本の長さをわずか5秒程度とみなしても、すべての素材を続けて視聴すると190年もかかる量です。圧倒されそうな数字ですが、それは今のデジタル社会において動画が持っている重要性の大きさを示すものであり、また、世の中の誰もが映像制作の手段を手にしたことの表れでもあります。

Adobe Stockでモーション部門の責任者を務めるTom Spotaは、「20年か25年前には、動画制作はその道のプロやマスメディアにしかできないものでした。今は、スマートフォンを持っている人なら誰でも美しい動画作品をつくれます」と語ります。また、インターネット、ストリーミングサービス、SNSによって膨大な数の動画配布手段・閲覧手段が生まれたことも別の要因として挙げられると言います。

Adobe Stockのコンテンツ開発マネージャーであるDennis Radekeは「動画がこの世界の主要な情報発信メディアになりつつある」こと、そして「あらゆる状況のもとで生み出されるクリエイティブがAdobe Stockの成功に貢献している」ことを指摘します。

詳しくはこちら>>

複合機・プリンターのサービス運用妨害(DoS)の脆弱性に関するお知らせ

お知らせ2021年04月30日

富士フイルムビジネスイノベーション社(旧富士ゼロックス社)複合機・プリンターの一部機種において、サービス運用妨害(DoS)の脆弱性が存在することが判明しました。
お使いの機種が対象機種に該当するかをご確認いただき、該当する場合には、ファームウェア更新または回避策の実施をおすすめいたします。

尚、富士ビジネスイノベーション社では、本お知らせの掲載時点において、本脆弱性を利用した攻撃は確認していないとのこと。

脆弱性の内容
複合機・プリンターの一部機種において、サービス運用妨害(DoS)の脆弱性があります。当該製品にアクセス可能な第三者によって細⼯されたコマンドを送信されると、複合機・プリンターが異常終了する場合があります。本脆弱性により、複合機・プリンターの内部情報が漏えいしたり、改竄されたりする可能性はありません。

異常終了によりエラーコード116-324が操作パネルに表示された場合は、本機の電源を切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、もう一度電源を入れてください。

回避策
本脆弱性を修正した対策版ファームウェアが提供されるまでの間、以下の回避策の実施をお願い申し上げます。

・ファイアウォール等での保護されたネットワークの中で機器をご利用ください。
・インターネットからのアクセスを許可する場合は、必要な IP アドレスのみにアクセスを許可する、VPN を用いて接続することをご検討ください。

詳しくはこちら>>

富士フィルムBI、モリサワのフォント「UD新ゴシリーズ」を採用

お知らせ2021年04月27日

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(旧富士ゼロックス社)は、4月1日の社名変更にあたり、株式会社モリサワのフォント「UD新ゴシリーズ」を採用したとのこと。

「UD新ゴシリーズ」は文字の大きさを問わず視認性が高く、読み間違えにくいデザインを採用したUD(ユニバーサルデザイン)書体で、富士フイルムのWebサイトですでに使用されています。
そして、4月1日に社名を富士ゼロックスから「富士フイルムビジネスイノベーション」に変更するにあたり、商品・サービスを富士フイルムブランドとして訴求していくため「UD新ゴシリーズ」を採用し、Webサイトや会社案内、カタログや操作説明ラベル、マニュアルなどへの使用を開始しています。

詳しくはこちら>>

CONTACT お問い合わせ・ご相談

PC、プリンター、ネットワークの導入管理はセントラルグラフィックセンターにお任せください。
経験豊富なスタッフがお悩みに合わせて、ご対応いたします。

(052)950-3456
お電話でのお問い合わせ

お問い合わせをする
インターネットでのお問い合わせ

GROUP セントラルグループ

セントラル画材

セントラルプリントファクトリー