多変量テストでコンバージョンレートを改善する | アドビUX道場

お知らせ2021年02月20日

アドビ株式会社が、「多変量テストでコンバージョンレートを改善する | アドビUX道場」を公開しています。

典型的なデザイン作業のひとつにコンバージョンレートの最適化があります。結果を出すために調整すべき要素を正確に把握できていれば、デザインの検討を始めるは容易です。しかし、コンバージョンに影響する要素が複数あって、変更方法にもいくつかの異なるシナリオがあるときはどうでしょう?答えは簡単です。多変量テストでアイデアを検証すればよいのです。

多変量テストは、デザインの仮説を検証するために使われるユーザーテストの一種です。要素を複数修正する場面において、すべての組み合わせの中でどれがもっとも効果的かを決定するために使われます。

詳しくはこちら>>

After Effectsのパスでなめらかなアニメーションを作ろう

お知らせ2021年02月19日

アドビ株式会社が、”Illustratorユーザーのためのモーションデザインことはじめ講座 第3回「After Effectsのパスでなめらかなアニメーションを作ろう”を公開しています。

Illustratorユーザーにはおなじみの「パス」。After Effectsでもパスの操作ができれば、なめらかなアニメーションが作成できます。操作の方法と一緒に、きれいに見えるコツも探っていきましょう。

主な内容は以下の通りです。
・パスとシェイプモーションで背景のアニメーションを作ろう
・「ヌルオブジェクトレイヤー」と「親子関係」
・まずはIllustratorデータからコンポジションを準備
・線を動かしたければ、線はアウトライン化しない
・アートボード外が切れるときは「裁ち落とし」を増やそう

STEP.1 丸をふわふわ回転させるアニメーション
 1-1.「トランスフォーム」の「回転」でアニメーションをつける
 1-2.楕円形のシェイプと線2本を「親子関係」で動かす
STEP.2 ラインを描いて動かそう
 2-1.After Effectsでベジェパスを描く
 2-2.シェイプレイヤーの構造を確認する
 2-3.線レイヤーにアニメーターのパスのトリミングを適用
 2-4.パスのトリミングの開始と終了を調整してラインアニメーションを作成する
STEP.3 全体的に右へゆっくり動かそう
 3-1.新しくヌルオブジェクトレイヤーを作成する
 3-2.他のレイヤーをヌルオブジェクトレイヤーの子どもにする
 3-3.ヌルオブジェクトレイヤーを右から左に全体に動かす

詳しくはこちら>>

Photoshop、Illustrator、Frescoにコラボレーション機能が登場

お知らせ2021年02月18日

アドビ株式会社が、「Photoshop、Illustrator、Frescoにコラボレーション機能が登場」を公開しています。

リリースされた新機能「編集に招待」により、PhotoshopやIllustratorのドキュメントを他の共同作業者と一緒に編集するコラボレーションがより簡単になりました。これはチーム体制でプロジェクトを進める際に、大幅な時間の節約となる機能です。さらに、新機能「プリセットの同期」をPhotoshopに追加しています。

Photoshop、Illustrator、Frescoの「編集に招待」は、デスクトップ、iPad、iPhone(Frescoの場合)のすべての環境で、非同期の共同編集機能を提供します。これにより、他の共同作業者が一度に1つずつ編集できる状態で、任意のクラウドドキュメントを共有できます。使い方は、.PSDまたは.AIファイルをクラウドドキュメントとして保存し、他の共同作業者を招待するだけです。これまで招待を受けたクラウドドキュメントも、すべて編集可能な状態となります。さらに、自分に共有されたクラウドドキュメントはすべてassets.adobe.comまたはCreative Cloudデスクトップアプリに一覧表示され、そこからアクセスできます。

すべてのPhotoshop環境で、Photoshopのプリセットを同期できます。これには、ブラシ、スウォッチ、グラデーション、パターン、スタイル、シェイプが含まれます。プリセットの同期は、MacおよびWindowsのデスクトップ版で利用可能です。iPad版のブラシの同期は、近日提供予定です。本機能のオンとオフの切り替えは、「環境設定/一般/プリセットの同期」でおこないます。プリセットのフォルダ構造、グループ化、順序は、デバイス間でも保持され、ユーザーがおこなった管理はすべて同期されます。

詳しくはこちら>>

CONTACT お問い合わせ・ご相談

PC、プリンター、ネットワークの導入管理はセントラルグラフィックセンターにお任せください。
経験豊富なスタッフがお悩みに合わせて、ご対応いたします。

(052)950-3456
お電話でのお問い合わせ

お問い合わせをする
インターネットでのお問い合わせ

GROUP セントラルグループ

セントラル画材

セントラルプリントファクトリー